テレビ会議・Web会議のプロフェッショナル

HOME > 導入事例 > 株式会社髙島屋 様

株式会社 髙島屋 様

日本国内・海外の全22店舗・6拠点をつなぐ「高臨場感」、「高品質」、「安定性抜群」のクラウド型グローバルテレビ会議サービス

山口 健夫様

株式会社 髙島屋
執行役員 購買管理室長
山口 健夫様

Our Customer‘s Voice

「クリアな音声、表情まで確認出来る映像のクオリティの高さ、回線の安定性に加えてテレビ会議サービストップシェアのNTTグループへの信頼感があった。」

導入のきっかけ

  • 導入済みのWeb会議はインターネットの回線状況に左右され「映像が固まる」「音声が途切れる」等の不具合が発生
  • 海外戦略を推進していく中で、海外拠点との「良好なコミュニケーションの実現」が課題

導入の効果

  • 顔の表情までわかる『高臨場感』、『音声の聞き取りやすさ』、『安定性』
  • 操作の簡便さも絶賛され、海外及び関連会社を含めた定例会議、全店的な各種会議や各部のミーティングに至るまでフル活用
 

導入背景

2009年 百貨店建築初の重要文化財の指定を受けた日本橋髙島屋

Web会議サービスを導入済みであったが、インターネットの回線状況に左右され「映像が固まる」「音声が途切れる」等の不具合が発生

髙島屋は日本全国に19店舗、海外に3店舗を展開する創業180年を超える老舗百貨店だ。『いつも、人から。』を経営理念に掲げ、創業以来培ってきた『人の心を大切にする』という精神は変わらず、現在では時代やお客様ニーズの変化に対応すべく、地域一体となった『街づくり』の視点に立ち、店づくりを推進している。さらに、国内だけではなく海外では成長著しいASEAN諸国を中心に『アジアグローバル企業』を目指し、海外戦略を推進している。革新的な取り組みを進めていく中で特に海外拠点とコミュニケーションの重要性が増していたが導入済みのWeb会議サービスではインターネット環境の海外の事情や設備の問題で不具合が発生し、「良好なコミュニケーションの実現」が課題となっていた。

課題・ご要望

特に問題の多かった海外拠点との「良好なコミュニケーションの実現」が課題。BCPの観点から既存のWeb会議サービスに加えて、安定して利用できるテレビ会議サービスの導入検討を加速

「Web会議サービスはインターネット回線の利用状況に左右され、『映像が固まる』、『音声が途切れる』等の不具合が多かった」と山口様は当時の状況を振り返る。また、「国内だけではなく海外にも拠点があるため出張費の削減はもとより、コミュニケーションの向上による意思決定の迅速化を目的として会議での使用頻度が高く、不具合解消が喫緊の課題であった」という。当初は既存Web会議サービスで利用する回線補強で解決を図る計画をたてていたが、そのプランでは帯域保証がなく地域や時間帯により帯域確保が出来ず不安定な状況になることが判明した。BCPの観点からも複数の通信手段を構築する必要があり、良好なコミュニケーションの実現に向けて、既存のWeb会議サービスに加えて、安定して利用できるテレビ会議サービスの導入検討を加速した。

ご導入いただいたサービス

高島屋様 構成図

選定の決め手

1993年に開店したシンガポール高島屋

複数社からテレビ会議等の提案があった中で、決め手は『安定性』、『臨場感』、『低コスト』でスタート出来ることであったという。「デモを確認した上で、クリアで聞き取り易い音声、表情まで確認出来る映像クオリティの高さ、回線の安定性に加えてテレビ会議サービストップシェアのNTTグループへの信頼感があった」と山口様は当時の提案を振り返った。コスト面については、NTTビズリンクのテレビ会議サービスはクラウド型のため導入時に高額な多地点接続装置(MCU)を購入する必要がなく、各拠点に設置するテレビ会議専用端末もレンタルとして利用可能なため、当初計画されていた回線増強コストよりも安価にサービスをスタートすることができた。また、フレッツ回線を含めたワンストップでのサービス提供・手厚いサポート、海外拠点との会議増加に対応した国際専用線の調達、海外で利用するテレビ会議専用端末まで含めたNTTビズリンクからの一元提供など、複数のメリットが選定の決め手になったという。

導入後の効果、期待

顔の表情までわかる『高臨場感』、音声の聞き取りやすさ、導入より半年がたつにもかかわらず一度も不具合の無い『安定性』、操作の簡便性が絶賛され、テレビ会議サービスの利用が活性化

導入後の効果、期待

導入時におけるNTTビズリンクの対応を振り返り、日本国内・海外拠点の回線・端末設置工事対応について「スピーディに対応いただき、感謝している」と山口様は語る。導入後の利用者からの反響は「資料等の細かい文字まで読め、また顔の表情までわかる『臨場感』、音声の聞き取り易さ、導入より半年がたつにもかかわらず一度も不具合の無い回線の『安定性』、操作の簡便性等が絶賛され、テレビ会議の取り合いになっている」。そのため、導入後は「海外及び関連会社を含めた定例会議、全店的な各種会議や各部のミーティングに至るまでフル活用しており、会議体も多岐にわたるため、多拠点の重要会議をメインに利用調整している状況だ」という。

今後の展望

海外拠点(シンガポール、台北、上海)との良好なコミュニケーションを実現し、今後はベトナムやタイへの出店も控え、ますますテレビ会議サービスの重要性が増加

髙島屋は今後も成長著しいASEANにおいて、ベトナム(ホーチミン)、タイ(バンコク)への出店を予定し、海外店舗ともこれまで以上に密な情報交換を行い、店づくりにも活かしていく方針だ。また、「会議の用途にとどまらず、ストレスのないクリアな映像と音声を活かしバイヤーとの商品の品評を行ったり、より高いレベルの人材を育成するための研修にテレビ会議の利用を検討している。 資料共有にも使用しているWeb会議システムと併用した上で、必要に応じてタブレット等の配布も視野に入れて出先から会議に参加したり、ダイバーシティ経営を推進する観点から在宅勤務等でも活用できるよう検討していきたい」と今後の展望を山口様は語る。 今後、拠点展開、ご利用シーンの多様化に伴いテレビ会議の重要性はますます増していく。NTTビズリンクは、高品質なテレビ会議サービスの安定運用はもちろん、テレビ会議サービスの新たな活用方法のご提案を通じて、お客様の事業の発展を支えていく。