テレビ会議・Web会議のプロフェッショナル

HOME > コラム > 映像が変える新しい働き方。『リモートワーク』を実践してみよう!

映像が変える新しい働き方。『リモートワーク』を実践してみよう!

Column

『リモートワーク』とは?

皆様は『リモートワーク(テレワーク)』という言葉をお聞きになったことがありますでしょうか?すでに身の回りで実践されているケースもあるかもしれません。 リモートワークとは、社員/従業員がオフィスと離れた場所、自宅はもちろんサテライトスペースやカフェなどでPCや電話、時には映像コミュニケーションツールを用いて行う新しい働き方です。欧米などではすでに一般的に実施されているようですが、近年いわゆる『ワーク・ライフバランス向上』『働き方改革』の一環として日本でも実施する企業が増えてきました。


リモートワークのメリット?

まず、一般的に言われているリモートワークのメリットについて考えてみましょう


・ワーク・ライフバランスの推進

リモートワークを行うことで、通勤等にかかる時間が削減されることから、例えば家族と過ごす時間や自分の趣味により多くの時間を費やせるようになります。心身の健康を維持し、社員の働く意欲を向上させる効果も認められるでしょう。


・コスト削減

リモートワーカーが増えることで、オフィスやオフィス機器の縮小/削減や、伴う光熱費や紙などの備品の削減など、直接的なコスト削減が可能となることでしょう。


・業務効率向上

業務内容にもよりますが、一定時間集中した作業が必要な資料作成などを行う場合に、周囲の電話や打ち合わせのノイズが入らないリモートワークは効率アップに大きく貢献します。もちろん打ち合わせや上司への確認が必要な際には電話/メール/テレビ会議など、様々なツールを用いることも可能です。


・働く機会の拡大

少子高齢化が進む日本社会において、子育てや介護などの必要性から、「働きたくても働けない」「フルタイムで働きたいのにパート勤務しかできない」方々もおられます。リモートワークの普及はこうした方々にも働く機会を拡大し、活躍を促すことが可能となります。


・従業員の健康促進

東京に通勤する人の半数以上が片道1時間以上かけて通勤しているという話もあります。まして満員電車に揺られての1時間はそれだけで精神的にも疲れがでるものですね。通勤不要のリモートワークは、そういった面でも従業員の健康促進となることでしょう。

 Working_at_home02.jpg


実際にリモートワークをやってみた!

弊社NTTビズリンクでも、この春からリモートワークのトライアルを一部希望社員向けにスタートしました。実際にリモートワークを行っている社員Aさんに具体的に感想やメリットを聞いてみましょう。Aさんはサービス企画担当に属し、日々新サービスの企画/開発に携わっています。


筆者:
リモートワークを実践して感じるメリットはありますか?



Aさん:
まず何と言っても時間を有効に使えることです。朝の通勤が必要ないので、息子のお弁当を作って送り出した後、勤務開始前に家事全般を行い、お昼休みに夕飯の買い物を済ませることも可能です。また、リモートワーク中にも時間単位での休暇取得が可能ですので、朝1時間休みをとって勤務開始を10時とし、役場や病院に行って用件を済ませるなど、オフィス勤務時には半日休みが必要だったことも効率良くこなすことができます。他のトライアル参加者は、お子さんの急な病気(発熱等)、小学校や保育園の保護者会の参加等も1時間程度の休みを取得することで対応できたとおっしゃってました。後は、息子に聞くと、母親の働く姿を間近で見られることでとても良い効果が出ているようです。



筆者:
なるほど、まさにワーク・ライフバランスの向上ですね。



Aさん:
業務効率もあがりました。自宅で一人で働くことで、かえって仕事のスケジューリングや優先順位付けをしっかりと行うようになりました。電話等も少なくなるため、企画書・会議資料の作成、料金関連の処理などに集中して取り組むことができます。遠隔でオフィスに置いてあるPCを操作できるので、社内システムや社内のファイルサーバなどにも円滑にアクセスできますし、当然自社製品であるスマートビデオ会議サービスやマイクロソフトのSkype for Businessを用いて遠隔会議も可能ですので、会議やちょっとした担当者間の打ち合わせに困ることもありません。今朝も私はSkype For Businessで、オフィス側にいるチームはテレビ会議システムで、それぞれ接続して会議を行い、新サービスの仕様について議論しました。準備も簡単ですし、資料の共有もできるので、特に実際の会議に比べて不便も感じません。



筆者:
ツール類の使い勝手は円滑なリモートワークには重要ですね?



Aさん:
勿論です。もう一つ、いままで自社製品である様々な映像コミュニケーションサービスを企画/開発してきましたが、実際に頻繁に業務で使うようになったことで、サービスの品質や使い勝手などを、より客観的に見れるようになったと思います。「この用途だとこっちのサービスの方が良いな」など、ユーザ目線でどんなサービスが求められるのかを考えるようになり、今後の新サービス開発にも経験を活かせそうです。 "



筆者:
逆にデメリットに感じることはありますか?



Aさん:
集中しすぎて休憩を忘れて働きすぎてしまうことでしょうか(笑)。職場から離れていることで孤独感もあるかなと当初思っていましたが、映像コミュニケーションを行っていればオフィスの様子も伝わってきますし、コミュニケーションが必要な仕事と集中した作業が必要な仕事と、メリハリをつけて臨むことができるようになりました。テキストベース(チャット)や音声会議とはやはり違って顔が見えるのでよいと感じています。



筆者:
リモートワークが新しい働き方を気付かせてくれる側面もあるのですね?



Aさん:
そう思います。新サービスの企画というミッションを持っていますので、フランスにあるグループ会社などと次期サービスについてよく話をしていますが、日本ならではの働き方事情もありますし、自分の経験を活かしてよりお客様にフィットする映像ツールの開発を引き続き行っていきたいです。


Working_at_home03.jpg

新しい働き方と新しい映像コミュニケーション

このようにAさんの体験一つをとっても、リモートワークには様々なメリットがあることがわかります。企業や職種にもよるでしょうが、多様化するライフスタイルにあわせ、リモートワークなど働き方も多様化させていくことは、従業員の満足度アップだけでなく、企業の業績アップにも貢献できる可能性を秘めていると言えます。映像コミュニケーションを提供するNTTビズリンクとしても、従来の発想にとらわれない新しいサービスを、新しい働き方にあわせて、引き続き検討していきたいと思います。

なお、今回ご紹介した『スマートビデオ会議サービス』、Skype For Businessとテレビ会議を相互接続する『M-Connect(Type1)』『ゲートウェイサービス(S)』は多くのお客様に好評をいただいております。ご自宅やモバイル端末を利用してもしっかりと品質を確保し、不具合時にはサポートも受けられる法人向けサービスですので、リモートワークにも安心して取り入れられます。サービスによってはトライアル利用も可能、デモ申込や資料のご送付は随時承っております。ぜひお気軽にNTTビズリンクへご連絡ください!